子供の偏食について

お子さんの偏食に悩まれているママはとても多いといわれています。

 

大人でも苦手な食べ物や嫌いな食べ物の一つ、二つあるのは珍しくありませんし、好き嫌いレベルならそこまで悩む必要はありませんが、子供の偏食の場合、好き嫌いが極端で食べられる食品が限定されてしまう為、栄養バランスが崩れやすく特に成長期のお子さんの場合は栄養不足に陥ってしまわないかと心配になるものですね。

 

偏食の子供に対し、無理に食べさせるのは逆効果!
しかし、そのまま放置しておくと栄養バランスが崩れているので成長に影響が出てしまうのではないか?

 

そんな悩みを持つママへ。
まずは、偏食とはどんなものなのか?改めて見ていきましょう。

 

>> ひとてまいを食べた方の口コミはこちら <<

偏食の原因

 

好き嫌いが極端で食べられる食品が限定されてしまいがちな偏食。

 

では何故、偏食になってしまうのでしょうか?

  • 乳幼児期の食事の味が単調で偏っていた為、新たな味に馴染めない
  • 初めて食べた時の味や匂い、見た目、香りなどが気に入らず、以後、食べられなくなっている
  • 味覚に対して敏感で神経質な体質な為、新しい食べ物に馴染めない
  • 食べられない食品に対して、過去にトラウマがある
  • 食べないからと決め付け、子供の好きなものだけを与えている
  • アレルギーなど医学的な理由

このように、偏食には様々な原因があります。

 

また、子供が食品に対し「少し苦手だな」と感じ、あまり食べずに残そうとしたものを「身体に良いから」「美味しいよ」「これだけは食べよう」というように、親としては無理強いではなく「少しだけ」という感覚で勧めて食べさせたことが原因となってしまうケースもあり、とてもデリケートだといえます。

子供の偏食、どうすれば良い?

 

お子さんの偏食を克服するには、とても時間が掛かりますね。
というより、お子さんのペースに合わせてゆっくり克服していくべきだと考えて良いでしょう。

 

早く改善して欲しい!学校給食が始まる前には・・・と考える親御さんがとても多いのですが、克服時期を決めてしまうとお子さんにとってはとてもストレスになり返って克服できなくなってしまいます

 

だからといって「偏食だから仕方ない」と諦めてしまうのも正しい選択とはいえません。

ではどうしたら良いのか?

お子さんが食べられない食品の調理法を変え、楽しみながら食べられるよう色々試してみることをおすすめします。

 

味や見た目、食感など色々変えてみる

 

味や見た目、食感など色々変えてみましょう!
また、一度やってダメだったからと諦めず何度でも試してみましょう。

 

そして大切なのは、絶対に無理強いしないことです。

 

親としては少しでも食べて欲しい!と思ってしまいますが、絶対に無理強いせず食べてくれたらラッキーくらいの気持ちでいると良いでしょう。

 

偏食を克服するにはとても長い時間が掛かかるのは仕方のないことです。

 

無理強いせずお子さんのペースに合わせていくことが大切!

 

子供の偏食を克服するには無理強いせずお子さんのペースに合わせていくことが大切です。
しかし、そうなると次に気になってしまうのが克服までの期間の栄養バランスですね。

 

子供が成長するにはやはり栄養バランスの整った食生活というのはとても大切なことだといえます。

では、偏食がひどい場合はどうしたら良いのか?

栄養補助食品などを使うと良いでしょう。
一口に栄養補助食品といっても、その種類は様々ですが偏食のお子さんの場合、栄養補助食品自体が嫌!という子も珍しくありません。

 

そこでおすすめしたいのが、お料理に混ぜるタイプの栄養補助食品です。
毎日の料理の中に混ぜるだけで味を変えることなく栄養補助ができますので、こうした栄養補助食品を使って不足した栄養素を補っていくと良いでしょう。

野菜嫌いの子供を持つママ必見!

 

野菜嫌いや偏食のお子さんを持つママは、とても多いですよね。

 

野菜嫌いや偏食は栄養不足の原因であり、栄養不足は子供の成長に対して様々な影響を及ぼしてしまうこともある為、放っておく訳にはいきません

でも、いったいどうしたら良いの!?

と頭を抱えるママは少なくないでしょう。

 

そんな悩めるママにおすすめしたいのが「ひとてまい」です。

 

子供の成長に必要な栄養素がたっぷり含まれた「ひとてまい」は、普段の料理に混ぜるだけで料理の味を変えることなく栄養素をプラスすることができますので、偏食のお子さんでも無理なく栄養補給できます。