外では食べられるのに家では食べない子供

お子さんの野菜嫌いや偏食のお子さんに悩まれているママさんの中には、「外では食べてくれるのに家だと食べてくれない」とお悩みの方も少なくありません。

 

外では食べられるということは嫌いではないのか?
しかし、家では同じものを食卓に出しても一切食べてくれない・・・

 

これは好き嫌いと言えるのか?と疑問に思いますよね。

 

こうしたお子さんの場合、外では食べられるので食べられないという訳ではなさそうですが、食事をする場のメインは自宅というご家庭がほとんどですのでやはり家でも食べてくれないと栄養バランスが偏ってしまい心配になってしまいますね。

 

>> ひとてまいを食べた方の口コミはこちら <<

何故、家では食べてくれないの?

 

野菜嫌いのはずなのに外だと食べられるのは何故なのか?
その理由を見ていきましょう。

 

食卓の雰囲気

特に小さなお子さんに多いのが食卓の雰囲気によって食べる時と食べない時があるということです。
外での食事は、普段の食卓とは雰囲気が変わることで楽しく感じ、家では食べない野菜も好んで食べるというお子さんは珍しくありません。
また、お友達や家族以外の人達も交えてわいわいした雰囲気での食事では、気分も変わり好きではない野菜でも美味しく食べられるというお子さんも多いですね。

食器や盛り付けの違い

食事は味や香りだけでなく目で楽しむといったような話を耳にしますが、これは大人に限らず子供にも同じことがいえます。
全く同じ味の食べ物でも食器のデザインや盛り付け方で見た目も大分変りますね。
お子さんの場合、好きなキャラクターの形に盛り付けて見たり野菜を可愛い形にカットしたものを好む子が多いですが、大人が好むような美しい盛り付けを好むお子さんも珍しくありません。

ママやパパの笑顔

外での食事は普段の食卓と比べ楽しく感じるのは、子供だけでなく大人にも同じことがいえますね。
恐らく多くのご家庭では、外での食事の時の方が笑顔が多いのではないでしょうか。
また、家での食事と比べお子さんがしっかり食べているかを見る目が優しくなるママやパパも多いですね。
「外でまでうるさく言いたくない」という考えを持つ親御さんは少なくありません。
こうしたママやパパの心の余裕が表情にも出てお子さんも楽しい気持ちになり、普段は食べない野菜も進んで食べるというケースもあるのです。

外で食べているから安心して良いの?

 

家では食べないけれど外では食べられるから、あまり気にしなくて良いのか?
こちらも気になりますね。

 

家では食べなくても外で食べることができるのであれば、全く食べられないという訳ではありませんが、野菜を始めお子さんの成長に欠かせない栄養素を含んだ食材は毎日積極的に食べて欲しいというのが正直なところです。

 

しかし、外では食べられるということであれば、これ以上無理強いして食べさせる必要はないと言えます。

 

但し、家では食べないものを一切食卓には出さないということはせず、盛り付け方や食器などを工夫しながら食卓に出すようにしましょう。

 

そうすることで、お子さんの気分によっては食べてくれる日もあるかもしれません。

 

無理強いはせず、食べてくれたらラッキーくらいの感覚でお子さんの嫌いなものを出すと良いでしょう。

 

そして少しでも食べられたら大袈裟なくらいに褒めてあげることをおすすめします。

 

ただ、野菜嫌いを克服するまでの間の栄養不足も気になりますね。

 

そこでおすすめしたいのが健康食品の活用です。

 

最近は、料理に混ぜるだけでお子さんの成長に必要な栄養素を摂ることができ味を一切変えないという健康食品も販売されていますので、こうした商品を活用しながら気長に見守っていくと良いでしょう。

野菜嫌いの子供を持つママ必見!

 

野菜嫌いや偏食のお子さんを持つママは、とても多いですよね。

 

野菜嫌いや偏食は栄養不足の原因であり、栄養不足は子供の成長に対して様々な影響を及ぼしてしまうこともある為、放っておく訳にはいきません

でも、いったいどうしたら良いの!?

と頭を抱えるママは少なくないでしょう。

 

そんな悩めるママにおすすめしたいのが「ひとてまい」です。

 

子供の成長に必要な栄養素がたっぷり含まれた「ひとてまい」は、普段の料理に混ぜるだけで料理の味を変えることなく栄養素をプラスすることができますので、偏食のお子さんでも無理なく栄養補給できます。