野菜嫌いは本当にいけないことなの!?

野菜は子供の成長に必要不可欠な栄養素が豊富に含まれていることから、子供には積極的に食べて欲しい食材として挙げられていますね。

 

しかし、実際には野菜嫌いや偏食の子供は多く、栄養面を考えると積極的に野菜を食べて欲しいと願う親としては悩みの種になっているといわれています。

 

確かに野菜には子供の成長に必要不可欠な栄養素がぎっしりと詰まっていますので、毎日の食事の中で野菜を積極的に食べてくれれば親としては安心ですが、野菜嫌いの子供に対し無理にでも食べさせる必要はあるのでしょうか?

 

「野菜嫌いはいけないこと」というような風潮がありますが、野菜嫌い=いけないことなのでしょうか?

 

>> ひとてまいを食べた方の口コミはこちら <<

大切なのは、美味しく食べること

 

世間では「子供の野菜嫌いはいけないこと」といった風潮がありますね。

 

「野菜は栄養価が高いから」「野菜を食べれば成長に必要な栄養素が取れるから」と、子供に積極的に野菜を食べさせたい親御さんは少なくないでしょう。

 

しかし、それって親の考えを子供に押し付けてしまっていることになると思いませんか?

 

確かに野菜は栄養価が高く、子供の成長に必要な栄養素が豊富に含まれていますので積極的に摂って欲しい食材に変わりありません。

 

偏食や好き嫌いのないお子さんには、積極的に食べさせて良いといえます。

 

但し、野菜が苦手な子や嫌いな子に対してはどうでしょう?

 

成長に必要だからと言われても、「美味しくないもの」「不味いもの」を毎日嫌々食べさせられるのは苦痛だと思いませんか?

 

これは大人にもいえることですね。

 

ただ、大人の場合は「嫌いなものは食べない」「食べたくないものは食べない」という方も少なくありませんし、野菜を食べないからといって咎められることはほとんどないでしょう。

 

なのに、子供には無理やりにでも食べて欲しいと願うのはどうでしょう?

 

確かに、子供の成長を考えれば栄養価の高い野菜を積極的に食べて欲しいと考えるのは分かります。

 

ただ、だからといって無理矢理食べさせるようなことをすると、克服どころか更に嫌いになってしまうというケースも少なくありません。

 

子供にとって食事は「美味しく食べること」が一番大切だといえます。

 

その為、嫌いなものを無理やり食べさせるのではなく、食べられるように工夫しながら楽しく美味しく食べられるよう親も一緒に努力してあげることが大切なのです。

不足しがちな栄養素はどう摂る!?

 

好き嫌いや偏食を克服するには、とても時間が掛かります。

 

特に野菜の場合、香りや味などに癖のあるものも多く、なかなか克服できないというお子さんも少なくありません。

 

好き嫌いや偏食を克服するには、子供のペースに合わせて進めていくことがとても大切なのですが、そこで気になるのが食べられない間の栄養不足ですね。

 

野菜には、子供の成長に必要な栄養素が豊富に含まれているものが多く、好き嫌いや偏食によって栄養不足になってしまうケースも珍しくありません。

 

無理矢理食べさせるのはいけない、でも栄養不足は気になる・・・

こうした場合、どうしたら良いのか?

サプリメントの摂取をおすすめします。

 

子供にサプリメント?と考える方もいるでしょう。
しかし、一口にサプリメントといっても種類はとても多く、偏食や野菜嫌いの子供向けに作られたサプリメントも存在します。

 

また、こうした子供向けのサプリメントの中にはカプセルや錠剤ではなく、粉末を料理に混ぜるだけで味を変えずに栄養素を補給できるというものも存在しますので、こうしたサプリメントで栄養補助をしていくと良いでしょう。

野菜嫌いの子供を持つママ必見!

 

野菜嫌いや偏食のお子さんを持つママは、とても多いですよね。

 

野菜嫌いや偏食は栄養不足の原因であり、栄養不足は子供の成長に対して様々な影響を及ぼしてしまうこともある為、放っておく訳にはいきません

でも、いったいどうしたら良いの!?

と頭を抱えるママは少なくないでしょう。

 

そんな悩めるママにおすすめしたいのが「ひとてまい」です。

 

子供の成長に必要な栄養素がたっぷり含まれた「ひとてまい」は、普段の料理に混ぜるだけで料理の味を変えることなく栄養素をプラスすることができますので、偏食のお子さんでも無理なく栄養補給できます。