子供の野菜嫌いを無理強いしてはいけない理由

野菜嫌いや偏食のお子さんに悩むママはとても多いですね。

 

我が子の成長を考えると、豊富な栄養素が含まれている野菜を積極的に食べて欲しいものですが、食べて欲しいと思う野菜ほどお子さんには嫌われがちな傾向にあり親としては悩むところです。

 

一昔前までは「好き嫌いなく食べなさい!」と教えられ、嫌いなものでも食べなくてはいけないと半ば強引に食べさせられていましたが最近は「嫌いな物を無理矢理食べさせてはいけない」「無理強いするのはダメ」と言われています。

 

しかし、いつまで経っても野菜嫌いを克服できない我が子を見るとついイライラしてしまい「叱りつけてしまう」「野菜を食べなければ○○してはダメ」などと無理強いしてしまうというママも少なくありません。

 

子供の野菜嫌いや偏食を克服して欲しいと願う親心からくる言動ではありますが「無理強いしてはいけない」と言われている現代、叱ってしまったこと、無理強いしてしまったことを反省して自己嫌悪に陥るママも多いのではないでしょうか。

 

一昔前までは、無理強いしてでも克服させていた子供の野菜嫌いや偏食ですが、何故、最近は「無理強いしてはいけない」と言われるようになったのでしょう?

 

その理由を見ていきましょう。

 

>> ひとてまいを食べた方の口コミはこちら <<

子供の野菜嫌い克服を無理強いしてはいけない理由

 

一昔前までは野菜嫌いや偏食の子供に対し、無理強いしてでも食べさせていましたが、最近はそれとは正反対に「無理強いしてはいけない」と言われていますね。

 

しかし何故、無理強いしてはいけないのか?
早速見ていきましょう。

 

トラウマになってしまうことも

嫌いなものや食べられないものを無理矢理食べさせてしまった結果、気持ちが悪くなってしまう子や場合によっては嘔吐してしまう子も珍しくありません。
そしてこれがトラウマになってしまうことで、更に嫌いになってしまったり食べられなくなってしまうようになってしまい克服から遠ざかってしまうケースが多いのも事実です。

自己を否定されていると感じる

「まだ小さいからよく分からない」なんていう大人もいますが、子供だって子供なりに感情があり嫌なことをされればそれは「嫌な記憶」として残っているものです。
嫌いなものや食べられないものを無理強いしてまで食べさせようとする行為はお子さんを否定していることと同じで、お子さんはお子さんなりにそれを感じ取ってしまいます。
すると、嫌いなものや食べられないものが食卓に挙がる度に憂鬱となり、食事の時間が苦痛の時間へと変わるのです。
そんな状況で嫌いなものや食べられないものを克服するのは難しくなりますので、逆効果となってしまう訳です。

子供だから・・・という意識は捨てて代用品でカバー

 

我が子の成長を思うと好き嫌いなく何でも食べて欲しいと考えるのが親心ですが、嫌いなものや食べられないものを無理矢理食べさせる必要はないといえます。

 

大人だって毎日決められたメニューを食べ、嫌いなものも必ず食べなくてはいけないなんて言われたらストレスが溜まりますよね?

 

食べられないというだけで、叱られ無理矢理食べさせられたらどう感じるでしょう?

 

子供だって同じなのです。

 

嫌いなものや偏食がないに越したことはありませんが、克服する為には親御さんのペースではなくお子さんのペースに合わせることが大切です。

 

どんなに時間が掛かったとしてもいつか食べられるようになればという気持ちで親子で楽しみながら野菜嫌いや偏食を克服していくのが理想だといえます。

 

また、克服できるまでの不足しがちな栄養素は健康食品などで補充していくことで親御さんの不安も解消されることでしょう。

 

サプリメントだと抵抗を持たれるお子さんも少なくありませんが、最近は料理に混ぜるだけで味を変えずに子供に必要な栄養素を補充できるといった健康食品も存在しますので、こうした商品を利用して栄養不足を解消されることをおすすめします。

野菜嫌いの子供を持つママ必見!

 

野菜嫌いや偏食のお子さんを持つママは、とても多いですよね。

 

野菜嫌いや偏食は栄養不足の原因であり、栄養不足は子供の成長に対して様々な影響を及ぼしてしまうこともある為、放っておく訳にはいきません

でも、いったいどうしたら良いの!?

と頭を抱えるママは少なくないでしょう。

 

そんな悩めるママにおすすめしたいのが「ひとてまい」です。

 

子供の成長に必要な栄養素がたっぷり含まれた「ひとてまい」は、普段の料理に混ぜるだけで料理の味を変えることなく栄養素をプラスすることができますので、偏食のお子さんでも無理なく栄養補給できます。