野菜を食べない子供への対処法

好き嫌いや偏食によって野菜嫌いのお子さんは少なくありません。

 

しかし、野菜には子供に必要な栄養素が豊富に含まれている為、できることなら野菜嫌いを克服して積極的に野菜を食べて欲しいと願う親御さんは少なくありませんね。

 

嫌いなものを無理強いして食べさせることは良いことではありませんが、だからといって何もしないというのも良いことではありません。

ではどうしたら良いのか?

お子さんに無理をさせない程度に克服できるよう、親子で頑張っていく必要があるといえます。

 

但し、嫌いなものを好きになるというのはとても時間が掛かることです。

 

毎回付き合っていられない!と考える方もいるでしょう。

 

しかし、ここで親子一緒に向き合うか否かでお子さんの野菜嫌いが克服できるか、できないか分かれますので、あまり力を入れずとも楽しみながらお子さんの野菜嫌い克服に向けて頑張っていきましょう。

 

>> ひとてまいを食べた方の口コミはこちら <<

まずは野菜を好きになること

 

野菜嫌いを克服する大きなポイントは「野菜を好きになること」だといえます。

 

「だからそれが大変なのでしょう?」という声が聞こえてきそうですが・・・
好き=食べるではなく野菜自体を好きになることという意味です。

 

例えば、

お子さんの嫌いな野菜を育ててみる

苗木を買って、庭や畑で育てるも良し、プランターに植えてリビングから見えるところで育てるのも良いですね。

 

野菜がどのように育ち、どのように収穫できるのかを身を持って体験することで、野菜に対する興味が湧き食べられるようになるお子さんは珍しくありません。

 

他には、

嫌いな野菜を使って一緒にお料理をする

 

嫌いな野菜を使って一緒にお料理をするのもおすすめです。

 

大人にとって料理は家事の一環となってしまいがちですが、子供にとっては野菜を切ったり、材料をこねたり、丸めたりする行為はとても楽しめる行為の一つです。

 

小さなお子さんなどは遊びの一環となってしまいがちですが、楽しめればそれでも良いので嫌いな野菜を使って一緒にお料理をしてみましょう。

 

実際に食べるか否かは、お子さんに任せるのもポイント。

 

自分で作ったのだから食べてみよう!と考える子もいれば、やっぱりまだ食べられない・・・と考える子もいますが、テーマは一緒にお料理をすることなので、結果にこだわる必要はないのです。

 

また、自分が食べられなくても周りの家族が美味しそうに食べてくれたら、今度は自分も食べてみようかな?という気持ちになるかもしれませんし、逆に残されてしまったらどんな風に思うのかを学ぶ機会にもなりますね。

 

大切なのは、嫌いな野菜を使ってお料理をすること

 

こんな風に食べられなくても少しずつ、嫌いな野菜を好きになるきっかけを作ってみてはいかがでしょう?

子供だって栄養補助食品に頼って良い!

 

野菜嫌いのお子さんに多いのが、栄養不足ですね。

 

成長期のお子さんに必要な栄養素というのは、野菜に豊富に含まれていることが多く、野菜嫌いのお子さんの場合、どうしても野菜に多く含まれる栄養素は不足しがちになってしまいます。

 

お子さんの成長を考えると栄養不足はとても心配ですが、野菜嫌いなのに無理矢理食べさせるのは逆効果!

 

しかも、栄養を不足させない為には毎日食べさせる必要があり、野菜を無理矢理食べさせられる毎日なんてお子さんにとってはストレスでしかありませんね。

 

そこで、野菜嫌いなお子さんにおすすめしたいのが健康補助食品です。

 

子供にはこうした補助食品は与えたくないと理由もなしに否定する親御さん、実は結構多いのです。

 

しかし、本当にお子さんのことを考えているのであれば、野菜嫌いが克服できるまでの間だけでも健康補助食品の力を借りることはとても大切なことだといえます。

 

最近では、サプリメントタイプだけでなく粉末でお料理に混ぜるだけという補助食品も販売されていますので、お子さんの野菜嫌いが克服できるまでの栄養補助として、こうした健康補助食品を使用されることをおすすめします。

野菜嫌いの子供を持つママ必見!

 

野菜嫌いや偏食のお子さんを持つママは、とても多いですよね。

 

野菜嫌いや偏食は栄養不足の原因であり、栄養不足は子供の成長に対して様々な影響を及ぼしてしまうこともある為、放っておく訳にはいきません

でも、いったいどうしたら良いの!?

と頭を抱えるママは少なくないでしょう。

 

そんな悩めるママにおすすめしたいのが「ひとてまい」です。

 

子供の成長に必要な栄養素がたっぷり含まれた「ひとてまい」は、普段の料理に混ぜるだけで料理の味を変えることなく栄養素をプラスすることができますので、偏食のお子さんでも無理なく栄養補給できます。