ビタミンB群の働きについて

子供の成長に必要不可欠な栄養素の一つにビタミンB群が挙げられます。

 

ビタミンB群は野菜に多く含まれている栄養素で、野菜嫌いや偏食のお子さんの場合、不足しがちな栄養素の一つでもあるのです。

 

ではまず、子供の成長にビタミンB群がどのように関わってくるのか?
見ていきましょう。

 

>> ひとてまいを食べた方の口コミはこちら <<

神経や筋肉へ栄養を運ぶビタミンB1

 

ビタミンB群の中のビタミンB1は、糖の代謝を促進しエネルギーを作り出すことで、神経や筋肉へ栄養を運ぶ役割を担っています。

 

また、糖分を沢山取ることで更に不足しがちな栄養素となってしまうのです。

 

野菜嫌いや偏食のお子さんの場合、食べられる食品の中でお腹を満たす為、自ずと糖分を多めに摂ってしまう傾向がある為、ビタミンB1は不足しがちになってしまいます。

筋肉や血液を作る元となるビタミンB6

ビタミンB群の中のビタミンB6には、食事によって体内に入ったたんぱく質から筋肉や血液を作り出す元となる働きがあります。
体を成長させる為にはなくてはならない存在の栄養素だと考えて良いでしょう。

 

また、肉や魚などたんぱく質を多く含む食品をよく食べる子供の場合、ビタミンB6は不足しがちな栄養素となってしまいます。

ビタミンB群が不足するとどうなる?

 

野菜に多く含まれるビタミンB群。
野菜嫌いや偏食の子供にとってどうしても不足しがちな栄養素となってしまいますが、ビタミンB群が不足することでどんな影響があるのでしょう。

ビタミンB1の場合

糖の代謝を促すビタミンB1が不足すると体内に入ってきた糖分を分解することができなくなってしまいます
糖分が分解できいないということは、体を動かすエネルギーが不足しがちになってしまい、疲れやすい、情緒不安定、肥満、糖尿病など肥満に伴う病気などに掛かりやすくなってしまうのです。

ビタミンB6の場合

たんぱく質を使って筋肉や血液にを作る役目を担っているビタミンB6が不足すると、体の成長が遅れがちになってしまいます
また、神経伝達物質が減少してしまいますので、けいれんや末梢神経炎などを起こしやすくなったり、抵抗力が低下してしまうことで細菌やウイルスに感染しやすくなってしまうのです。

ビタミンB群不足を解消するには!?

 

野菜嫌いや偏食のお子さんにとって不足しがちなビタミンB群。
このビタミンB群の不足を改善する為にはビタミンB群をしっかり摂ることが大切です。

 

しかし、野菜嫌いのお子さんや食べられる物が限られている偏食のお子さんにとって、いくら成長に必要だからと苦手なもの、食べられないものを無理やり食べながらビタミンB群を摂るというのはあまり良いことではありませんね。

ではビタミンB群を摂ってもらうにはどうしたら良いか

健康補助食品をおすすめします。

 

ビタミン剤といったサプリメントでも良いのですが、子供の場合、サプリメントといっても薬を飲む行為と同じ感覚になってしまう為、嫌悪感を抱く子は珍しくありません。

 

最近は、子供でも無理なく飲めるように料理に混ぜるだけという補助食品もありますので、こうした健康補助食品を使ってお子さんのビタミンB群不足を解消してあげると良いでしょう。

野菜嫌いの子供を持つママ必見!

 

野菜嫌いや偏食のお子さんを持つママは、とても多いですよね。

 

野菜嫌いや偏食は栄養不足の原因であり、栄養不足は子供の成長に対して様々な影響を及ぼしてしまうこともある為、放っておく訳にはいきません

でも、いったいどうしたら良いの!?

と頭を抱えるママは少なくないでしょう。

 

そんな悩めるママにおすすめしたいのが「ひとてまい」です。

 

子供の成長に必要な栄養素がたっぷり含まれた「ひとてまい」は、普段の料理に混ぜるだけで料理の味を変えることなく栄養素をプラスすることができますので、偏食のお子さんでも無理なく栄養補給できます。